ひと月で日本人の平均年収を副業で稼ぐサラリーマン


日本人の平均年収をご存じですか?

国税庁の民間給与実態統計調査によると
過去15年の間でもっとも高かったのが、

467万円(1997年)

だそうです。


そこからほぼ右肩下がりで
どんどん年収は減っていっています。

467万円 1997年

↓ ↓ ↓

461万円 2000年

↓ ↓ ↓

444万円 2003年

↓ ↓ ↓

435万円 2006年

↓ ↓ ↓

406万円 2009年



つまり、97年のピークから
年間で約60万円、
1ヶ月あたり約5万円も収入が
落ち込んでいるということです。


一方で、副業だけで月に
400万円を稼ぐこともある
サラリーマンがいます。


しかも、彼は給料以外に
11個の収入源を持っており、
とても安定感があります。


会社の給料よりも副業のほうが稼げますので、
いつ会社がなくなっても大丈夫ですし、
1つの収入源がなくなっても
まだ10個以上の収入源がありますので何ら困りません。


一体、彼は普通のサラリーマンと
何が違うのでしょうか?
その秘訣を公開している動画がこちらにあります。
↓ ↓ ↓
http://os7.biz/u/9NutX


不況の中でも、
年収が減っている中でも
副業で給料以上に稼ぐための方法を
話してもらっています。


彼がサラリーマンを続ける理由も
明らかにされています。
↓ ↓ ↓
http://os7.biz/u/9NutX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。